恵方巻の日に豪ドル円をデモトレードで売る

恵方巻の日に豪ドル円をデモトレードで売る

2015年になって豪ドル円が89円を割った今日は、恵方巻の日です。実際の取引はしませんでしたが、デモトレードをやりました。指値注文を入れて、1個1個の価格に損切りを入れておきました。すべて、50PIPSの逆行で損切りになるように指定して、疲れていたので寝ました。注文は以下の通りです。89.63で1枚、89.75で2枚、89.85で3枚、89.95で4枚、90.05で5枚です。このように注文を入れて、あとは機械にお任せです。夕方まで寝てからごはんの準備に取り掛かりました。デモトレードとはいっても、実際に取引していたらと考えてしまい、ポジションの行方が気になりました。だけど、見てしまうとさらに気が散ってしまうので、見ないように決めました。恵方巻を食べて、今年もトレードでいい結果を出せますように!と願掛けしました。食べてから、いよいよチェックしてみようと思ってパソコンを開くと、ポジションがなしになっていました。午後3時頃にポジションを持ったので、その時間からのチャートをチェックすると、しっかりと利益になっていた時期がありました。目を離してしまったために相場が大きく戻して損切りになってしまっていました。そこで私は、トレードで損切りを置くのは大事だけど直接見てトレードするのがいかに大切なのかって思いました。もし今日、目を離さず見ていたら勝てていたことになります。やはりFXって真剣勝負です。タイミングがいかに大切かがわかりました。